HOME > ブログ(更新情報)

2013年07月15日

最近流行りの

最近横歩取りの青野流が流行っていますね。なんか24でも観戦していたらよく見かけます。力戦調の将棋になりやすいので、相手にやられると警戒してしまいます。

130715a.gif130715b.gif

後手の対策としては、△4二玉型にしたり、△4二銀型にしたり、あと新しい定跡だと△5二玉型にしたり、色々あるみたいですが、僕はどちらかというと△4二銀型にすることが多いです。いずれにしても5三の地点を厚くしておくのが良いですかね。たとえば普通に中原囲いにするのも定跡ではあるのですが、第1図のように序盤からいきなり▲4五桂と飛ばれても結構うるさいからです。そもそも僕らのようなアマチュア将棋ですと、普通に中原囲いにしてしまうと、対策知らないなと思われてしまい、無茶苦茶に攻められるのがおちです。やはり、青野流対策の定跡型にして、相手に少しでもプレッシャーをかけておかなければなりません。

第1図の▲4五桂がなかなか殺せなくて、以下、△8五飛には▲3五飛で、素抜かれる筋があるので結局△8二飛車ですし、戻って第1図で受けの形は△5二金ですが、以下▲3二飛成△同玉▲2三歩で、次の▲7七角が厳しいです。

また、第2図は少し違う局面ですけれど、第1図で▲4五桂と跳ねず、▲8七歩△8五飛▲7七桂△8二飛▲4五桂△4二角▲6五桂と進んだ形です。これもまた想定される局面で、正直こうなると後手もって勝てる気がしません。どこかで受け間違えて大差負けになるのが目に浮かびます。



130715c.gif130715d.gif

ということで青野流の対策ですが、よくあるのは多分△4二玉型だと思います。▲3四桂の筋が残るので、あまり形としては良くないですけれど、やっぱり5三の地点の受けと、3二の金にひもを付けているので安定感があります。第3図は△4二玉型で駒組みが進んだ定跡型の局面。▲9六歩は先手にとって価値のある一手で、直接的には9七に角を出られるようにした意味ですが、その手が後手に△7四歩を指させない狙いにもなっています。たとえば、第3図▲9六歩のところ▲1六歩だった場合は、以下△7四歩▲同飛に△7七歩が本に出てくるような手筋です(実際本に載っていますが)。

第3図以下、△2六歩▲8七歩△8二飛▲7七桂△2三銀▲3五飛△6四歩と進み第4図。ここまで対策とっておけば、先手もひねり飛車で戦うしかないでしょうから、後手も不満のない形だと思います。△6四歩はかなり手堅い手で、飛車のぶつけにも警戒した手です。これ指しておくと、将来▲8二飛と打たれたとき、角交換から△6三角と打って意外と耐えられます。たまに出てくる受けの形ですけれど、知らないとなかなか指せないですよね。
posted by こういち at 20:05 | 定跡研究

2013年07月13日

指されたら困る定跡

矢倉の本はたくさん買ったので、あえて木村本を買う必要なかったと思うのですが、とはいっても実戦で指さないと定跡なんてすぐ忘れてしまいますし、良い復習にもなりますから、無駄ではないなと思っております。何かプロの棋譜と一緒に見比べて読むのが一番身につきますかね。

130713a.gif130713b.gif

この間の順位戦を見ていたら、第1図のような先手良しの定跡が指されていました。矢倉の駒組みでは覚えておかなければいけない定跡ですが、正直あまり先手をもって良くする自信ありません。第2図のように進むのが一般的な定跡手順になりますが、後手に馬を作られてしまうため、たとえ馬を押さえ込めるという先手の主張があったとしても、馬の潜在的なものは後で利いてきそうで嫌ですね。




130713c.gif130713d.gif

プロの実戦(南・先崎戦)だと第3図のように進みましたが、これは力強く先手良しと断言できます。正直こうなったら先手もって負ける気がしません(気持ちだけですが)。とりあえず、ここまでを定跡手順と捉えて現実から目を逸らしておくのも一興でしょう。

実際のところ、こんな風には進むとはとても考えられないので、参考図から▲1六歩と指して木村本P85のC図を目指すのが一番だなと確信しました。気をつけておかないといけないのは、参考図から▲3七桂とすぐ跳ねてしまうと、9割がた馬切られて△3六金ですので注意しないといけません。たしか阿久津七段の講座でもこの辺りの定跡をやっていて、2枚の角を打って先手良くする変化を解説していたと思いますが、いずれにしても矢倉を指すのはしんどいなと改めて思います。
posted by こういち at 14:08 | 定跡研究

2013年07月10日

将棋の本買いました

木村の矢倉シリーズも多分これで最後だと思いますので、まとめて3冊購入しました。これで将棋の本の所持数が102冊となり、大台の100冊を超えました。読み終えたら、今まで買ってきた中でどの本が良かったか等の総括をしようと思っております。

130710.jpg

話はそれますが、有料版のKifuBaseがようやく購入できるようになっていますね。しかも630円とすごく安いです。早速買ってみたのですが、やはり局数に制限なく検索かけられるのは大変便利です(まだインストールすらしていませんが)。
posted by こういち at 20:25 | 将棋本

2013年06月23日

データベースソフトについて

もうPC版の柿木将棋が販売されなくなって5年くらい経つと思いますが、使いやすいデータベースソフトが他にないのが困ったところです。無料のKifuBaseは千局までしか検索できず、我慢して現在も愛用していますが、不便だなと思うことが多いです。24の棋譜収集していたら千局なんてあっという間ですからね。

130623a.gif

こんな感じで戦型別にフォルダに整理して凌いでいますが、適当な性格なためか、別の戦型フォルダに入れてしまい棋譜を見失ってしまうことは日常茶飯事です。4五角戦法フォルダだけでも1000局近くあるので、フォルダ管理もきつくなっています。ところが最近、柿木将棋のサイトを覗いたら製品版のKifuBaseがVectorで1050円で買えるようなこと書いていましたから、さっそく嬉々としながら購入しようと思ったのですが、なぜか買うことができません。何かあったのか、そのうち購入できるようになるかもしれませんが、ともかくデータベースソフトが今は一番ほしいです。


最近NHK杯をかかさず見ているのですが、毎回放送途中でウトウトしてしまって、将棋の内容が今ひとつ把握できずに終わってしまいます。聞き手が千葉涼子女流のときは、本当に毎週楽しかったので、もう少し毒があっても良いんじゃないかなと感じています。今の聞き手は優等生すぎて退屈ですね。




130623b.gif

関係ないですが、まほろ駅前なんとかという小説を読んでから、どうもBL脳が染み付いてしまって、何か適当な文章を読んでは、こういった感じのものを想像してしまいます。
posted by こういち at 21:05 | その他

2013年06月02日

横幅広げてみました

局面図を少し大きくしたので、その図が2つ横に並ぶように、少し横幅を広げてみました。その分、右側が狭くなったため、カレンダーを取ってしまいました。入れようと思えば入りますけど、最近ブログにカレンダー付けてる人もあまり見なくなりましたし問題ないでしょう。

130602a.gif 130602b.gif

画像のテストついでに、さっきまで放送していたNHK杯戦の印象に残ったところ載せておきます。角換わりはやっぱり細い攻めを繋げなければいけないのと、入玉の心配をしないといけないので、自分には敷居が高い戦法だなと改めて感じます。細いと思っていた先手の仕掛けでしたが、第1図の▲7一角がすごい手で、これで攻めが繋がっているようです。角と金駒の2枚で飛車を捕獲しにいく手は、角換わりではわりと出てきますけど、読みが入ってないと、とても指せそうにないです。以下、△7二飛▲3三飛成△同歩▲3二歩△4一玉▲6二金。この攻めはさすがプロの手順って感じですね。

第2図はまさに作ったようなきれいな5手詰めの形となり、先手の行方八段の勝ちとなりました。今度の王位戦が楽しみです。
posted by こういち at 12:51 | その他

画像のテスト

少しサイズを大きくして局面図を作りました。駒のフォントサイズは以前のと同じで変えてないのですが、大分見やすくなっていると思います。ただ、大きくしたために、横に2つ図を並べられなくなっているのが問題です。ブログの横幅大きくすればすぐに解決しますが、それしたら全部のページも同じように広げないと体裁悪いので、そこが悩むところです。

130602a.jpg130602b.jpg

局面図の見出し部分には何手目なのか書いてましたけど、100手目超えると文字数多くなりすぎて嫌だったので、これからは省略しようかなと思ってます。
posted by こういち at 07:34 | 定跡研究

2013年04月13日

99冊目

僕も今日の塚田九段の将棋は感動しました。やはり人が一生懸命になっている姿を見るのは良いものです。それはおいといて、なんか本屋に1冊置いてあったので、中身も見ずに浅川ブランドを信用して買ってみました。

130413.jpg

この本を解いていたら、中級ウロウロしているときに必死で読んだ『寄せが見える本』を思い出します。もう2度とページを開きたくないトラウマの本ですが(難しすぎて)、一方の本書はほとんどが3手の読みで解ける問題なので、ストレスたまらずコンスタントに解いていけます。受けに関してはある程度の理屈も必要になってきますし、その点解説も丁寧で良かったです。手筋本は、実力アップに繋がるのかなと、正直なところずっと疑問に思っていましたけれど、この本は終盤戦において、もっとも重要な詰めろに関する内容を取り扱っているので、詰め将棋本よりも役に立つんじゃないかなと思います。

それにしても未だに、○手スキというのが覚えられません。実践において、持ち時間の短い24では3手スキ以上なんて読めるわけもありませんし、相手玉に詰めろがかかるのかどうか、自玉にかけられた詰めろが振りほどけるのかどうか等の2手スキまでを読むのが自分の中では限界です。そういう意味では、程よい難易度で、読みの訓練にはちょうど良い問題でした。
posted by こういち at 22:21 | 将棋本

2013年03月31日

些細なお知らせ

明日から新年度が始まるということで、2ヶ月ほどの期間、アクセスカウンターをトップページに設置したいなと思っております。よろしくお願いします。

130331a.gif130331b.gif

ところで、最近OSをwindows7の64bit版に新しくしたため、今まで作ってきたソフトが使えなくなってしまいました。それで今日最新の画像編集ソフト(fireworks)を購入して使ってみたのですが、局面図が今まで通り作れなくなっています。また一から作り直す必要がありそうですが、とても億劫です。

それと一番の問題が、局面図に使っているフォント「C&Gれいしっく」と言いますが、どこにもなくて、今日ずっと部屋を探していました。DVD−RAMに入れてたのは確実なんですけれど、この間、ゴミの日にたくさん捨ててしまったんですよね。いろんな記録媒体に保存していたので、楽観していたのですが、もしなかったらまた5000円くらいだして買わないとなりません。

ブログの記事でもそうですが、バックアップは大切だなと心から思いました。
posted by こういち at 19:43 | その他

2013年03月20日

98冊目

本屋の将棋コーナーを眺めていたら、3手詰めハンドブックが置いてあったので買ってみました。現在はど田舎に住んでいるため、大型書店のようにたくさん種類が置いている書店がないんですよね。初心者向けの本がほとんどです。内容を少しでも確認できると良いのですが、ネットに頼るしかなく非常に不便です。

130320.JPG

この将棋本で98冊目。あと2冊で区切りの100冊になります。そのときは、買って良かった本をピックアップしてブログにでも書きたいなと思っております。それはおいといて、3手詰めハンドブックですが、正直なところ思ったよりも簡単で、詰め将棋的な手順が多く、読みを入れて問題を解いているような感覚にはなれませんでした(この問題はこう解くみたいな経験で解く感じ)。将棋歴だけは無駄に長くなりましたが、詰め将棋を解くことが実力アップに繋がるとは思えないなと、そんなことを思いつつ解いていった感じです。もちろん個人差はあるでしょうけれど、5手詰めくらいがやっぱりちょうど良いですかね。

問題は似たような解き方のものが多く、5手詰ハンドブックの問題と比較すると、なんか数だけ揃えました的な印象がぬぐえません。でも3手詰めで難しいのになると、中段玉とか開き王手・両王手の問題が増えてしまうでしょうし、これくらいが妥当なのかなと思います。そういえば、某動画サイトの中継で著者が装丁のデザインは羽生の頭脳の人にやってもらったと語っていましたが、たしかに他の将棋本と比べるとデザインがとても良いですね。清潔感ありますし、外に持ち歩いても恥ずかしくないです。

一応、また解いた時間を計測しましたので載せておきます。

1問目1.3秒

2問目5.7秒

3問目4.5秒

4問目3.5秒

5問目3.1秒

6問目6.8秒

7問目6.1秒

8問目8.1秒

9問目2.4秒

10問目9.3秒

11問目8.2秒

12問目7.4秒

13問目4.2秒

14問目2.5秒

15問目0.5秒

16問目7.8秒

17問目13.6秒

18問目3.5秒

19問目11.2秒

20問目4.1秒

21問目7.1秒

22問目6.4秒

23問目15.3秒

24問目6.1秒

25問目5.6秒

26問目5.5秒

27問目6.8秒

28問目6.2秒

29問目3.2秒

30問目10.9秒

31問目6.5秒

32問目2.9秒

33問目3.5秒

34問目29.3秒

35問目5.3秒

36問目11.8秒

37問目6.7秒

38問目8.4秒

39問目5.2秒

40問目14.2秒

41問目9.6秒

42問目8.8秒

43問目14.3秒

44問目5.1秒

45問目12.5秒

46問目29.3秒

47問目3.8秒

48問目10.1秒

49問目17.5秒

50問目6.1秒
51問目4.6秒

52問目11.9秒

53問目6.4秒

54問目15.4秒

55問目6.6秒

56問目16.4秒

57問目9.5秒

58問目6.6秒

59問目24.3秒

60問目22.4秒

61問目20.1秒

62問目6.7秒

63問目7.9秒

64問目16.2秒

65問目19.2秒

66問目29.1秒

67問目12.2秒

68問目11.1秒

69問目4.3秒

70問目15.0秒

71問目28.5秒

72問目15.7秒

73問目8.8秒

74問目11.6秒

75問目11.2秒

76問目10.9秒

77問目7.6秒

78問目15.9秒

79問目3.7秒

80問目12.1秒

81問目9.0秒

82問目21.8秒

83問目14.6秒

84問目10.7秒

85問目11.7秒

86問目17.7秒

87問目34.1秒

88問目82.8秒

89問目63.7秒

90問目24.8秒

91問目5.3秒

92問目69.4秒

93問目25.2秒

94問目20.8秒

95問目27.8秒

96問目26.7秒   

97問目11.8秒

98問目20.4秒

99問目5.9秒

100問目10.7秒
101問目7.5秒

102問目44.4秒

103問目22.9秒

104問目52.7秒

105問目32.6秒

106問目13.5秒

107問目21.4秒

108問目39.9秒

109問目21.8秒

110問目7.2秒

111問目14.4秒

112問目17.2秒

113問目34.4秒

114問目16.2秒

115問目28.6秒

116問目8.7秒

117問目24.7秒

118問目44.8秒

119問目8.3秒

120問目13.3秒

121問目30.7秒

122問目9.9秒

123問目7.5秒

124問目9.7秒

125問目33.5秒

126問目4.1秒

127問目21.7秒

128問目41.4秒

129問目8.4秒

130問目38.7秒

131問目12.4秒

132問目6.1秒

133問目12.7秒

134問目9.7秒

135問目11.2秒

136問目176.7秒

137問目75.1秒

138問目19.5秒

139問目4.8秒

140問目30.2秒

141問目28.8秒

142問目12.9秒

143問目26.2秒

144問目23.6秒

145問目23.5秒

146問目9.1秒

147問目9.5秒

148問目9.7秒

149問目12.1秒

150問目4.9秒
151問目26.8秒

152問目22.7秒

153問目54.6秒

154問目11.1秒

155問目7.5秒

156問目11.0秒

157問目28.5秒

158問目27.8秒

159問目42.3秒

160問目17.1秒

161問目7.0秒

162問目21.7秒

163問目15.9秒

164問目54.0秒

165問目18.2秒

166問目7.2秒

167問目9.9秒

168問目23.1秒

169問目35.7秒

170問目16.6秒

171問目30.6秒

172問目12.5秒

173問目21.3秒

174問目18.2秒

175問目17.2秒

176問目9.4秒

177問目30.2秒

178問目18.3秒

179問目35.2秒

180問目17.5秒

181問目36.4秒

182問目11.8秒

183問目22.1秒

184問目36.8秒

185問目19.4秒

186問目22.3秒

187問目77.8秒

188問目10.1秒

189問目6.2秒

190問目12.6秒

191問目7.8秒

192問目24.5秒

193問目20.8秒

194問目23.2秒

195問目34.9秒

196問目40.8秒

197問目10.4秒

198問目14.9秒

199問目95.5秒

200問目6.8秒


 


一言感想
36問目 単純な手順でも詰みそうな気がして
136問目 正解の初手だと逃げられて駄目だと思って時間かかった
196問目 似たような問題作ったことあるのに戸惑った
199問目 これが一番難しかった
posted by こういち at 17:34 | 将棋本

2013年03月10日

今月号の感想

遅くなりましたが、今月号の将棋雑誌を購入しました。今月号で4五角戦法の講座も終わりのようで、来月からもまた買い続けるかどうかは気分次第になりそうです。棋譜並べする際にも勉強になりますし、良いんですけれど、本棚が圧迫していて、雑誌は本当に必要だと思わないと買いづらいですね。

130310.gif

巻頭に棋王戦第1局の記事があり、そこに郷田棋王がノートパソコンを購入したことについて書いてあります。そういう類のものを全く使わないイメージがあるので、対竜王との角換わり腰掛け銀の将棋が尾を引いているのかなと思わずにはいられませんでした。

飯島七段の講座は続くようですが、4五角戦法は今月で終わりみたいで、29手目▲3六香に角切って△5四香とする中央から攻め込む定跡が最後の締めくくりです。森下九段の以前やっていたNHKの将棋講座でもこれが良く取り上げられていましたが、24では△6六銀の定跡と比べると極端に指す人が減りますね。お互い定跡うろ覚えと仮定した対決でも、印象的には先手の勝ちやすいイメージがあります。



130310a.gif130310b.gif

4五角の解説全体を振り返ってみると、△6六銀の定跡がかなり淡白だったのが残念です。勉強になったのはA図の定跡(1月号と2月号)が詳しく先手良くなるところまで書いてあったことです。正直それまであまり自信ありませんでした。あと、自分の中で未解決の部分はB図の局面です。この△2六飛のところ、△2五飛と打つ手は僕のページにも書いてあり(定跡本にも書いてあります)、これは後に▲3六銀と両取りに打って先手優勢と力強く断言できます。図の△2六飛は単純にその▲3六銀を打たせない意味なのですが、これがなかなか手ごわいですね。単純に攻め合うと先手の1手負けになってしまって、良い変化ないかずっと考えております。ただ、勝ち負けに至るまでには先が長いので、たとえこの局面になったからといっても、どうにでもなるとは思っていますが。
posted by こういち at 09:27 | 定跡研究