HOME > ブログ(更新情報)

2012年10月07日

講座の変化

飯島七段の講座の後手優勢の変化を少しだけ書いておきます。20手目△4五角に▲3五飛の定跡で先手が良くなってしまうと、4五角戦法の対策はこれだけ覚えておけば良いということになってしまうので、大きな問題です。

121007a.gif121007b.gif

その後手優勢となる変化が第1図の△3三桂です。ちなみに、ここでの定跡は参考図の△2三角と打つ手です。僕の24で収集した棋譜では7局ありましたが、ほとんど△2三角から東大本の進行に進んでいます。東大本の結論は後手指しにくいということになっているので、まだまだ勝負のあやはある感じです。

△3三桂は▲2ニ歩を受ける当たり前の手に見えますが、今日のNHK杯の△5ニ金よろしく、知らないと指せない類の手であることは間違いないでしょう。後手は攻め続けるのがこの戦法の特徴ですからね。そういう意味で、参考図の△2三角はとても4五角戦法らしい一着だなと思います。


121007c.gif121007d.gif

飯島七段の講座の内容は知らないという前提で、△3三桂に対しては、ほとんどの人が▲7五角(=第2図)と反撃するでしょう。以下△8ニ飛▲5三角成△8九角と進んで第3図です。ひとまず△7八角成を受けなければいけませんが、先手も▲3一馬の楽しみがありますし、一目先手もやれそうな感じです。講座の変化では、▲6八玉から後手大優勢になってしまいますが、いろいろ受けはありそうですね。

第3図で歩の連打で飛車先を受けるのは▲8五歩のところで△7八馬と金を取られて、これは先手駄目。とりあえず▲8三歩△同飛の交換入れてから、▲6九銀or▲7九金と受けて勝負といったところでしょうか。暇があれば、この程度だけ自分のページにも付け加えておこうかなと思います。
posted by こういち at 20:20 | 定跡研究

2012年10月05日

将棋雑誌買った

今月号の将棋雑誌買ったので、簡単な感想でも書きたいと思います。やっぱり買い始めると、発売日が楽しみになりますね。興味ない内容でも、結構読みいってしまいます。

121005.jpg

巻頭にいきなり羽生二冠と作家の対談になっています。たしか、前の号にもうさんくさい医師との対談がありましたが大丈夫なのでしょうか。こんなこと書いたら怒られますけど、どれくらい脚色されて載せられているんだろうと思いながら読んでしまいました。その他に、王座戦第2局の記事があって、こちらは取材も丁寧にされているみたいですごく面白かったです。まさか単機の端攻めで形成が羽生二冠に傾いていたなんて思いもしませんでした。竜王の語っていた「この戦型は先手が逆転勝ちを狙う将棋なんですよ」という言葉の意味はわかりませんでしたが、論理的な人なんだなと改めて感じましたね。

4五角戦法の講座は▲3五飛の変化です。自分のページでは、(先手良くなっては困るので)苦し紛れに後手不満なしとお茶を濁してしまいましたが、後手が優勢になる手順がしっかり紹介されています。後手が良くなる△3三桂の変化は自分の収集した棋譜には指している人いませんでしたし、飯島七段の研究手順でしょうね。多分来月から本格的な4五角戦法の定跡に入るので、横歩取りを指す人は必見だと思います。

あと、大和證券の公式戦、やっぱりノートパソコンでやっているみたいです。佐藤王将の姿が載っていました。ただでさえ24のウィンドウ表示で小さいのに、画面も小さくて、これはクリックミスしても仕方ないなと思いました。もう少しなんとかならないものでしょうか。またクリックミスする棋士が出てきそうで不安です。
posted by こういち at 21:16 | 将棋本

2012年10月04日

昨日のタイトル戦の感想

今月号の将棋雑誌を買ったので、昨日は簡単な感想でも書こうと思っていたのですが、思いのほか王座戦の中継が面白かったので、結局最後まで見てしまいました。千日手指し直しのあと、羽生ニ冠が矢倉の将棋を制してタイトルを奪取したわけですが、千日手に持ち込んだ△6六銀(=第2図)が驚愕の一手でした。この手を勝因とコメントしていた人もいましたね。

121004a.gif121004b.gif

第1図が問題の局面で、後手玉には▲8三飛以下の詰めろがかかっており、渡辺王座が勝ちそうな雰囲気の局面でした。一方の先手玉もかなり危険ですが、斜め駒2枚ないと詰まない状況。

ここで羽生ニ冠が指したのが歩頭に打つ△6六銀。以下、▲同歩に△8九金と詰めろを掛けて、▲7八飛△8八金▲同飛△8九金・・・と続く千日手となりました。△6六銀の意味は▲同歩と取らせることによって、▲8三飛から寄せにいったとき、後の▲6六桂を消しています。これで後手玉は詰まないようです。これは歴史に残る△6六銀だなとその日は思ったのですが、冷静に見てみると第2図より▲7八銀で先手勝ちだったんじゃないかと、そんな気がしてきました(▲7八銀は棋譜のコメントに書かれている手です)。ともかく、第1図では△7一金と捨ててから△8九金の千日手狙いもあったわけで、△7一金の方がより安全だったんじゃないかなと今は思っています。


121004c.jpg

121004d.gif

あまり某動画サイトの生中継は見ないのですが(たいてい中継しているのに気が付かない)、その日は竜王のブログを見て知りました。最近なぜか連盟のサイト重いですし、タイトル戦の情報等を得るときは、竜王のブログが主になっていますね。
posted by こういち at 20:23 | 終盤の手筋