HOME > ブログ(更新情報) > データベースソフトについて

2013年06月23日

データベースソフトについて

もうPC版の柿木将棋が販売されなくなって5年くらい経つと思いますが、使いやすいデータベースソフトが他にないのが困ったところです。無料のKifuBaseは千局までしか検索できず、我慢して現在も愛用していますが、不便だなと思うことが多いです。24の棋譜収集していたら千局なんてあっという間ですからね。

130623a.gif

こんな感じで戦型別にフォルダに整理して凌いでいますが、適当な性格なためか、別の戦型フォルダに入れてしまい棋譜を見失ってしまうことは日常茶飯事です。4五角戦法フォルダだけでも1000局近くあるので、フォルダ管理もきつくなっています。ところが最近、柿木将棋のサイトを覗いたら製品版のKifuBaseがVectorで1050円で買えるようなこと書いていましたから、さっそく嬉々としながら購入しようと思ったのですが、なぜか買うことができません。何かあったのか、そのうち購入できるようになるかもしれませんが、ともかくデータベースソフトが今は一番ほしいです。


最近NHK杯をかかさず見ているのですが、毎回放送途中でウトウトしてしまって、将棋の内容が今ひとつ把握できずに終わってしまいます。聞き手が千葉涼子女流のときは、本当に毎週楽しかったので、もう少し毒があっても良いんじゃないかなと感じています。今の聞き手は優等生すぎて退屈ですね。




130623b.gif

関係ないですが、まほろ駅前なんとかという小説を読んでから、どうもBL脳が染み付いてしまって、何か適当な文章を読んでは、こういった感じのものを想像してしまいます。
posted by こういち at 21:05 | その他