HOME > ブログ(更新情報) > 指されたら困る定跡

2013年07月13日

指されたら困る定跡

矢倉の本はたくさん買ったので、あえて木村本を買う必要なかったと思うのですが、とはいっても実戦で指さないと定跡なんてすぐ忘れてしまいますし、良い復習にもなりますから、無駄ではないなと思っております。何かプロの棋譜と一緒に見比べて読むのが一番身につきますかね。

130713a.gif130713b.gif

この間の順位戦を見ていたら、第1図のような先手良しの定跡が指されていました。矢倉の駒組みでは覚えておかなければいけない定跡ですが、正直あまり先手をもって良くする自信ありません。第2図のように進むのが一般的な定跡手順になりますが、後手に馬を作られてしまうため、たとえ馬を押さえ込めるという先手の主張があったとしても、馬の潜在的なものは後で利いてきそうで嫌ですね。




130713c.gif130713d.gif

プロの実戦(南・先崎戦)だと第3図のように進みましたが、これは力強く先手良しと断言できます。正直こうなったら先手もって負ける気がしません(気持ちだけですが)。とりあえず、ここまでを定跡手順と捉えて現実から目を逸らしておくのも一興でしょう。

実際のところ、こんな風には進むとはとても考えられないので、参考図から▲1六歩と指して木村本P85のC図を目指すのが一番だなと確信しました。気をつけておかないといけないのは、参考図から▲3七桂とすぐ跳ねてしまうと、9割がた馬切られて△3六金ですので注意しないといけません。たしか阿久津七段の講座でもこの辺りの定跡をやっていて、2枚の角を打って先手良くする変化を解説していたと思いますが、いずれにしても矢倉を指すのはしんどいなと改めて思います。
posted by こういち at 14:08 | 定跡研究